クラブ
 
メンバー
 
レコード
 
リンク
 
 
トップ
 
 



■2007年12月2日 冬のアマダイ釣り

 
  過去の記録>1>2>3>4>5    
 
 
 

天気は良好絶好の釣り日和でした。今回はアマダイ狙いで釣りをスタート

心配していた船酔いは、過去の記録に書いた「アネロン」により一切船酔いはしませんでした。乗り物酔いしやすい方の自分が酔わなかったのだから効果は抜群です。船酔いで苦手意識のある方心配ご無用、効果は私の体で検証しましたのでぜひお勧めします。(笑)

前回は、釣り開始早々船酔いで下船する情けない結果に終わったため、

最初は酔わないことをただひたすらに願っていました(汗)

船酔いしなければ海の上はとても爽快です。気候のおかげもありますが、

釣りをするならこの時期はとてもいいと思います。

本題の釣果ですが、前回、一匹も釣れなかったのが嘘のように釣れました。本命のアマダイを私は2匹も釣ってしまいました。ビギナーズラックとはよく言ったものです。記念すべき最初に私が釣った魚は体長10cmぐらいと小さいものでしたが、初めて釣れた時、釣った人にしかわからない大きな喜びが湧き上がってきます。これを体験した私は釣りがとても好きになりました。実に面白いです。

この面白さ、体験したことが無い人はぜひ体験して頂きたいと思います。私は魚にあまり詳しくはないので、どの魚がどれだけ釣れたという報告はできないですが、大漁だったと思います。

私が一番楽しみなのは、釣った魚を食べることなんですが、その日釣ったアマダイは塩焼きに、キスは天ぷらにして頂きました。釣れたて魚はやっぱり美味いです。身がふわふわして、最高です。スーパーの魚や、て●やの天丼の魚は釣れたてを食べると美味しくないと考えるようになると思います。それだけ食べた感じが違います。ぜひ食べ比べてもらいたいです。

■釣り場

真鶴近海

■釣果

アマダイ、その他大漁

■魚知識(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より)

アマダイ(甘鯛、英名 Tilefish )とは、スズキ目・キツネアマダイ科・アマダイ属( Brachiostegus 、または Latilus )に分類される魚の総称。京都などの関西ではグジと称する。山陰地方ではコビリあるいはコビルと称する。静岡県では特にシロアマダイをオキツダイと称する。香港周辺では広東語で「馬頭(マータウ)」と称する。

 
  過去の記録>1>2>3>4>5    

■4月  狩野川(ヤマメ)   参加人数 5人
■10月 下田(サワラ)     参加人数 3人

■4月  狩野川(ヤマメ)   参加人数 5人
■10月 下田(サワラ)     参加人数 3人